リンクをコピー
Increase text size
Decrease text size
リンクのコピー完了

書評

2020年 02月 19日 11:00

日々進化するブロックチェーン、そして仮想通貨。若者でもついていくのが大変なのに、ミドルエイジ、ましてや私のような50代にはチンプンカンプン。「分かりやすく教えてよ」と、その道に詳しい方にお願いしておきながら10分も聞かないうちに「もういいです……」と白旗をあげるざまである。よし、本を読もう! そう思って書店に行くと、IT関連の棚は目もくらむようなカタカナ&英語の百花繚乱。立ち読みするインテリに気圧されつつ選書するが、どれが自分に合っているのかさえ不明。初心者が読むべき本、それは初心者には分からないのだ。Amazonで調べても同じ結末だ。

そこで、“その道に詳しい方”に再登板願い、ビギナーのアンタにはコレだろ!という本を5冊紹介いただいた。

❶『徹底理解ブロックチェーン ゼロから着実にわかる次世代技術の原則』(インプレス ¥3190)

ダニエル・ドレシャー/著


❷『ブロックチェーンの描く未来』(ベストセラーズ ¥1760)

森川夢佑斗/著


❸『WHY BLOCKCHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?』(翔泳社 ¥1760)

坪井大輔/著


❹『未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス』(エムディエヌコーポレーション ¥1650)

森川夢佑斗/著


❺『図解即戦力 ブロックチェーンのしくみと開発がこれ1冊でしっかりわかる教科書』(技術評論社 ¥2178)

コンセンサス・ベイス株式会社/著


早速、読んでみた。

❶は翻訳書。米国でベストセラーにランキングされた読みもの。

❷は日本人著者による読みもの。最後までスラスラ行けるので、とっかかりとしてはいいかもしれない。

❸は帯にオリエンタルラジオの中田敦彦氏が顔写真入りで推薦。5冊のなかでは一番売れていると思う。私のなかでは次点。

❹も森川夢佑斗氏の作品。この方は読者への愛が感じられる。

❺は著者が法人という珍しい本だが、私と同じような事態に陥っているオジサン・オバサンにどれが一番タメになるか?と言われれば、このコンセンサス・ベイズさんの本か。2015年創業の国内初のブロックチェーン技術の専門企業で、大手上場企業に対するコンサルティング・開発の実績が豊富な会社とのこと。全頁カラーで図解満載。とにかく構成が上手で、腕利き編集者が担当したとみた。注釈があればいいのにと思う点だけが不満。ズバリ、1冊だけと言うなら本書だろう。

【TokenPost Japan編集部】

TokenPost | [email protected]

<Copyright © TokenPost. All Rights Reserved. >

コメントサービスは、ログイン後にのみ利用できます。
もっと見る
TokenPost ニュースレターを講読!
今日は、もうこの告知を表示しないでください。
トップに戻る
Copyright ⓒ TokenPost Japan. All Rights Reserved.
株式会社エヌフォー
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-13-22 第25宮廷マンション901
電話番号 : 03-5411-7738 / 広告掲載について : 03-5411-7738
PUBLISHsoft